ユーグレナ(ミドリムシ)を使った青汁

ユーグレナを使った青汁

 

現在栄養素として、燃料としてなど、様々な分野で注目されている
「ユーグレナ」ですが、それまで栄養価の高さではトップに立っていた青汁と
組み合わせたユーグレナ入りの青汁も開発され始めています。
その効果とメリット・デメリットを詳しくご紹介していきます。

 

 

 

完全なる栄養素として今後の活躍がかなり期待されているユーグレナですが、
その欠点はあるのでしょうか?

 

ユーグレナは日光と水、空気さえあれば生産が可能です。
肉や野菜、穀物などは土地や餌、肥料などに加え時間も必要になってきます。
ですがユーグレナは環境汚染もせずに手間もかからず、
それでいて他の食材にはあり得なかった
「人間に必要なすべての栄養素」を偏ることなくあわせ持っているのです。
そしてあらゆる実験を問題なくクリアし、
人体に悪影響がないことが証明されています。

 

ユーグレナには、現時点では欠点が1つも見つかっていないのです。
そして何より、植物・野菜にある細胞壁がなく、
少量でもその栄養素を余すことなく摂取できるのです。

 

その上肉にしかない栄養素、魚にしか含まれない栄養素などを
見事に持っているので、ユーグレナさえ摂っていれば
健康上問題なく、むしろより健康的に過ごすことが可能なのです。

 

ただ一つの欠点といえば、
まだ「食材」としてそこまで根付いていない上、
理科で勉強したあの「ミドリムシ」ということもあって
抵抗がある人が比較的多いということかもしれません。

 

青汁の欠点といえばなんでしょうか?

 

青汁は毎日の食生活では摂りきれない栄養素を補うための
「健康食品」ですが、一番の欠点は「苦くでまずい、緑色の飲み物」でしょうか。

 

ほとんどの青汁が「ケール」を主原料にして作られているので、
その独特な風味や苦みはなかなか除くことができません。

 

また、青汁には食物繊維が非常に豊富。
なので飲みすぎたりすると腹痛や下痢を引き起こします。

 

ですが、その栄養素は間違いなく、
ビタミンやミネラル、葉酸や鉄分をはじめとする
人間に必要不可欠な栄養素が数多く含まれています

 

ですが「野菜」面の栄養素しか含まれていません。
そこで「肉」「魚」の栄養素までもあわせ持つユーグレナと合体することによって、
完全の「健康補助食品」が出来上がるのです。

 

日々の日課に飲むのも良し、
ダイエットなどにおいて置き換えダイエットしても良し。

 

栄養素が豊富なので使用失調や摂食障害の心配なく、
また余分な糖分や脂質が含まれないため
安全に、より健康的な減量をすることができるのです。

 

健康や毎日の食生活に不安がある方も、
ご家族の健康を守りたい方も、ユーグレナ入りの青汁で
健康を実感してくださいね♪

 

ユーグレナ・ファームの緑汁や、
ユーグレナの緑汁などが現在ネットを主流に販売されています。
是非チェックしてみてください。