二酸化炭素排出による「地球温暖化」への対策への活用も期待されています。

・ユーグレナで地球の環境問題を解決

 

 

現在、地球が抱えるさまざまな環境問題を解決する可能性を秘めている微生物として「ユーグレナ」と呼ばれる微生物が注目を集めています。ユーグレナとは所謂「ミドリムシ」の学名であり、名前にムシと付く事で昆虫をイメージする人も多いですが実際には虫ではなく「藻」の一種として知られています。ユーグレナは約5億年以上も前に誕生したと言われており、植物のように光合成を行って栄養分を蓄えながら動物のように自らの細胞を変化させながら動くことも出来る「単細胞微生物」として認知されています。ユーグレナは自ら植物のように光合成を行えるので、一般的な植物と同様に空気中の二酸化炭素や太陽光といった素材を元に「栄養素」や「酸素」を作り出すことが出来ます。そのため、地球上の二酸化炭素を吸収しつつ酸素を作り出すことが出来るユーグレナは現在、「地球のさまざまな環境問題」を解決できる可能性を秘めた微生物として注目を集めています。ユーグレナは一匹が約一ヶ月の内に10億匹にまで増殖するため、水と二酸化炭素と太陽光さえあれば簡単に増やすことが出来ます。しかもミドリムシにはスギやヒノキの30倍もの二酸化炭素吸収パワーが秘められている為、今後は二酸化炭素排出による「地球温暖化」への対策への活用も期待されています。

 

 

・ユーグレナに秘められた驚くべきパワー

 

 

健康ブームが到来している日本において「ユーグレナ」と呼ばれる単細胞微生物が健康食品やサプリメントの原材料として密かに注目を集めています。ユーグレナは別名「ミドリムシ」とも呼ばれており、ビタミンやミネラル、アミノ酸などをはじめとした栄養素を「59種類」も含んでいる栄養豊富な原材料として知られています。ユーグレナには人間の生命活動に必要不可欠な栄養が豊富に含まれているだけでなく、「パラミロン」と呼ばれる独自成分も含んでおり、健康面だけでなく美容面にも高い効果を発揮してくれます。そのため、最近では健康食品やサプリメントだけでなく美容製品の原材料としての需要も高まりつつあります。